シグナル・第1話の坂口健太郎の幼少期の子役は誰?

こんばんわ!DAIGOです!

4月10日から放送された、【シグナル 長期未解決事件捜査班】

韓国で圧倒的な話題を呼んだ『シグナル』をリメイク。

やっぱり少し内容も変わってたりするのかな??

変わってなかったら最終回がどうなるとかわかっちゃうよね!

そんな話題のドラマのシグナルの第1話に坂口健太郎さんが演じる

三枝健人の幼少期時代の子役が可愛いと話題!

そこでシグナル・第1話の坂口健太郎の幼少期の子役は誰?

なのか調べてみました。

 

 

スポンサードリンク



 

シグナル・第1話のあらすじは?


15年前、一人の女子児童が下校途中に誘拐された。当時、小学1年生だった三枝健人(坂口健太郎)は被害者の女の子が連れ去られる様子を目撃。
ある男を指名手配し行方を追う警察に、犯人は女だと訴えるものの相手にしてもらえない。

数日後、女子児童が遺体で発見され、管理官の中本慎之助(渡部篤郎)のもと、刑事の大山剛志(北村一輝)や岩田一夫(甲本雅裕)らは懸命に捜査を続けるが、犯人の手掛かりは得られず、結局、事件は未解決のまま15年の月日が経っていた――。

女児誘拐殺人事件の時効が近づくなか、健人は独学でプロファイリングを学び、ある思いを胸に警察官になっていた。
しかし、過去の事件から決して警察を信用することはせず、そのせいで、先輩刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)や山田勉(木村祐一)から目をつけられてしまう。

そんなある日の夜、健人は廃棄処分されるはずの無線機から、誰かが自分を呼んでいることに気づく。
声の主は大山という刑事で、大山は巡査の健人をなぜか“警部補”と呼んでいた。
さらに、健人の情報を元に訪れた病院で、女児誘拐事件で指名手配された男の首つり遺体を発見したという。

 

スポンサードリンク



 

坂口健太郎の幼少期の子役は誰?


 

 

確かに可愛いかったし一瞬誰だっけって僕はなりましたが

すぐにわかりました。

 

 

短い時間での出演でしたが、結構なインパクトを残せてるよね!

スポンサードリンク



 

まとめ


シグナル・第1話を観ましたが個人的には結構好きなドラマでした!

ひやひや、どきどきするのが好きだから次も観ようと思う!

日本のドラマでこの感じのドラマってあんまりやらないから

結構好きな人多いんじゃないかな!

 

シグナルの坂口健太郎さん、吉瀬美智子さんの衣装関連の記事は↓

 

シグナル・第1話の坂口健太郎の衣装のブランドや購入先は?

 

シグナル・第1話の吉瀬美智子の衣装のブランドはどこ?購入先も調査!