伊藤智仁に野村克也が土下座?スライダーの動画がやばいと話題!

こんばんわ!DAIGOです!

1月3日に放送される「消えた天才★一流アスリートが勝てなかった人大追跡SP★」で

野村克也さんが伊藤智仁さんに直接謝罪します!

野村克也さんが謝罪するって中々見える場面ではないと思う。

そして野村克也さんがなぜ土下座をしたのか?

伊藤智仁さんってどんな投手だったのか?

スライダーがやばい動画は?

などお伝えしていきます!

 

スポンサードリンク



番組の内容


野村克也が25年越しに直接謝罪!2か月で散った天才投手に初告白「俺が潰した…」

野球界のレジェンド野村克也。そんな野村の60年のプロ野球人生の中で出会った最高の天才選手がいる。
その選手を入団させたいあまり、ドラフト当日にスカウトや球団とケンカしてまで獲得したほど。
しかしその選手は野村の起用法が原因で、入団わずか2ヶ月半で輝きを失うこととなる。
あれから25年…「あの時の事をずっと後悔している」と語る野村が25年の時を経て初めての謝罪!
「消えた天才I」の思いとはいったい?

伊藤智仁さんはかなり凄いピッチャーだった!

その凄さに気付いてドラフトで1位で指名して獲得した野村克也さんも凄い。

だけど当時の起用法を見ると考えられないほど登板していたなって思う。

 

野村克也さんがなぜ土下座をしたのか?


ヤクルトは当時ドラフトで松井秀喜選手を1位指名することにしていました。しかし野村監督は伊藤智仁さんの凄さに気付いていて球団やスカウト陣とけんかしてまで欲しい選手だった。

伊藤智仁さんは戦力外を通告されたときにヤクルト本社への入社を打診されますが、現役続行を直訴します。

ヤクルト本社勤務という安泰を捨てて現役続行を直訴した時に、野村監督が土下座して球団オーナーに伊藤智仁さんの現役続行を頼んだといいます。

そのような理由で野村克也さんが土下座したんですね!

当時はどの投手も今では考えられないほどの球数を投げていました。

先発は白黒つくまで投げようという時代だったので、ピッチャーの怪我を相当多かった。

スポンサードリンク



 

伊藤智仁さんってどんな投手だったのか?


名前:伊藤智仁(いとうともひと)

出身:京都府

生年月日:1970年10月30日

出身高校:花園高校

伊藤智仁さんは花園高校卒業後は社会人野球の三菱重工京都に入社。

1992年のバルセロナオリンピック野球日本代表に選出され、1大会27奪三振のギネス記録を作った。

 

 

 

当時の動画になりますが、まずはスライダーのキレがやばい!!

ダルビッシュ有選手と同じぐらいのキレの良さ!

そしてもう一つがストレートのノビの良さ!

観ているこっちが気持ちいいほどのストレートのノビ!

当時はこの全力投球を多い時で200球ぐらい投げていたんですから

肩やひじが壊れるのは当たり前ですよね。

 

まとめ


スポンサードリンク



 

最後の伊藤智仁さんのストレートは109キロしかでないぐらいまで、落ちてしまった。

今の時代に居たらとんでもないピッチャーになっていたんだろうなって思う。

メジャーには間違いなく行っていたと思うし、記録も残していた。